人間関係に疲れたら田舎に住むべき!仕事はあるから!

IMG_8095

こんちは。

今日は少しワークライフバランス的なお話をさせて頂きます。

僕が金谷に来る前の事、千葉の田舎金谷ってところに引っ越すんです!みたいな話をすると、

え、仕事どうするの?生活どうするの?

みたいな話をよくされました。

いやーweb関係でーとか、貯金でーみたいに適当な返事をしてたんですが、田舎って全然仕事に困らないんですね。

まー全部の田舎がそうとは限らないんで、ここでは金谷って事にしておきましょう。

そんな訳で人間関係に疲れて自暴自棄になるくらいなら一層田舎に住んじゃえば?

仕事はいっぱいあるし、生活にも困らず暮らしていけるから。

って言うのを1ヶ月程度の金谷暮らしですんごい感じたんで記事にしました。

 

千葉のど田舎金谷では求人は探すものではなくて歩みよってくるもの?

先日、僕と同じタイミングで金谷に来た35歳のおじさんがバイトの面接に受かりました。

バイトの面接って私的には高校時代落ちまくった事もあり、凄いハードル高いイメージがあるんですけどそんな事ないんですね。

金谷に至ってはある程度人が集まるコミニティーみたいのがあって、求人情報が普通に入ってきます。

求人なんてネットやらフリーペーパーやらで探すイメージだし、そうやってきた身なんでかなり異次元なんですが、求人の方から自分に歩みよってくれるもんなんです。

35歳のおじさんも友人づてで入ってきた求人に興味を持って、あんまり情報もないままお話聞きに伺ったんですね。

そしたら1時間弱で働く事が決定しました。

一応話を聞きに行っただけなのに1週間後から働く事が決まっちゃう訳です。

これも全然珍しい事ではないみたいで、むしろまだまだ人が足りなくて困ってるほどです。

IMG_8095

 

働く世代が圧倒的に不足してる

金谷の街を歩いてると、まず自分と同じ歳くらいの人に会う事はまずありません。

いたらいたで少し嬉しくなるくらい少ないです。感覚としてはおじいちゃんおばあちゃんと小学生しかいない街です。

人口推移で言う生産年齢人口が圧倒的に少ないと言えます。

でも人が住んでる事と、観光地ってだけで飲食店はそこそこあるし、サービスだって必要です。

なので仕事は結構あるんですよ。ただ、そこに対して働く人がいないという事態が起きているんですね。

 

 

もはや死ぬ事以外リスクではないと思える街金谷

雇用形態がバイトでは・・・・将来大丈夫?みたいな不安はもちろんあると思いますが、

30坪程度の一軒家を月3万で借りられる世の中なんですよ笑

 

都内のワンルームで8万とかが相場と考えてきた僕にとって、ほんとにほんとに恐ろしい世界なんです。ここ金谷は。

 

ある程度地域に馴染めば、ほぼ毎日のようにスーパーの余りものが回ってきますし、もはや死ぬ事以外リスクではないんじゃないか?って本気で思えるくらい生きるのに苦労しません。

 

当たり前ですが、最低賃金的な事も守られてるんで、ド田舎だからと言って馬鹿みたく安い給料で働け!って事はまずないし、バイトで月10万程度稼ぐ事はそんなに難しくありません。35歳のおじさんの場合も時給1000円ですし・・・

 

バイトだと時間の融通もある程度利く事もあって、空き時間でイベントの手伝いなり、芝刈りなどの雑用での収入も期待出来ますし本当に本当に困らないんです笑

 

まとめ

イケハヤさんじゃないけど、都内で消耗してるみなさん、東京からそう遠くないところにこんな世界があるんですよ?

 

これは僕の勝手な感覚ですが、金谷では街全体が若い人住んでくれてありがとうみたいな雰囲気なので馴染みやすいです。

 

実際スーパーとかで会ったおばあちゃんに、最近引っ越してきた事を言うと「若い人が来てくれてありがたいよ」なんて言ってくれますし!

 

僕の友達はそれで雪印のコーヒー牛乳貰ってました。

 

職場環境や人間関係で疲れたとか、凄く困ってるって方がいたら、こんな生き方もあるんだ!って事をぜひ知って頂きたいですね。そして金谷来ちゃえばいいじゃん!仕事はありますから!

IMG_8095

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京から全力疾走で逃走中です 現在は千葉県南房総で匿まって頂いております。 ここは山も海もあり、そしてなによりアジフライが抜群においしいので、休憩地点にはもってこいです。 東京からの更なる逃走劇を演出するため充電中です。探さないでください。